固定資産を共有されている方へのお知らせ

2013年3月25日

共有名義の固定資産共有者にも課税内容をお知らせします

 

 

平成 21 年度課税分から、土地及び家屋に係る固定資産税・都市計画税について、その資産が共有物件である場合は、共有者全員に課税の内容をお知らせします。

 

 

土地又は家屋を複数の方で共有(法務局の登記簿に持分割合で登録されている方)される場合は、共有者全員が納税義務者(連帯納税義務者といいます)となりますが、課税に関する書類(納税通知書・課税明細書・納付書)は「A他○名」(Aが代表者の方で他○名が代表者以外の共有者の人数)として、代表者のみに送付し納税をお願いしていました。

 

 

平成 21 年度からは、課税の明確化を図るため、税額・納期限・土地や建物の状況・評価額などをご確認いただくことを目的に、代表者以外の共有者の皆さまにも課税の内容をお知らせすることにしました。

 

 

納税は、これまでどおり代表者にお願いするため、納税の手続きに必要な納付書を同封(口座振替を選択されている方には同封しません)し送付します。

代表者以外の皆さまには納付書は送付しません。

 

 

 

  (例) 韮崎市に所在する土地をA・B・Cの 3 人で共有し、Aが代表者の場合

 

 平成 20 年度まで A  →「A他 2 名」で納税通知者・課税明細書・納付書を送付

          B・C→ 通知なし

 

 平成 21 年度から A  →「A他 2 名」で納税通知者・課税明細書・納付書を送付

          B・C→ 納税通知書・課税明細書を送付

 

このページに関する
お問い合わせ
税務課  固定資産税担当    内線(156,157,158)