持家住宅定住促進助成金制度について

2017年9月19日

制度概要

 韮崎市外に居住されていた方が平成29年4月1日以降、市内において住宅を取得した家屋に定住される方に助成金を支給するものです。

受給資格

   ○ 市内に自らが定住することを目的として住宅を取得した者であること。

   ○ 転入した日から5年を経過する日までに住宅を取得した者であること。

   ○ 住宅の完成(取得)前1年以上市外に引き続き住所を有した者であること。

   ○ 住宅の完成(取得)後6ヶ月以内に居住しない場合は受給資格を失います。

   ○ 住宅を取得した日から1年を経過した場合は、受給資格を失います。

   ○ 居住床面積50平方メートル以上で、玄関、台所、浴室、便所、居室を有していること。

助成金額

   ○ 新築の住宅又は建売住宅を取得した場合   30万円

   ○ 中古住宅を取得した場合          20万円

      ※子育て世帯(中学生以下の子と同居する場合)には上記助成金額に5万円が上乗せされます。

 

【 申請書類 】

   (1) 持家住宅定住促進助成金交付申請書         ・・・1通※1

   (2) 住民票謄本(世帯全員記載のもの)         ・・・1通

   (3) 案内図、間取図                  ・・・1通

   (4) 建物の全部事項証明書(登記簿謄本)        ・・・1通

   (5) 転入前1年以上市外に居住していたことを証する書類 ・・・1通

      *住民票の除票(旧住所地で発行)もしくは戸籍の附

        票(本籍地で発行)

   (6) 代理人申請者選任届(住宅が共有の物件である場合) ・・・1通

   (7) 請求書                      ・・・1通※1

  持家住宅助成金パンフレット.pdf(610KBytes)  

 

  ※1 下記様式をご利用下さい。 

 (1)申請書(様式).docx(18.5KBytes) (2)代表申請者選任届(様式).doc(32.5KBytes) (3)請求書(様式).docx(30.1KBytes)

 

韮崎市持家住宅定住促進助成金に関する提携住宅ローンのご案内・・・詳しくはこちらをご覧ください。

このページに関する
お問い合わせ
建設課  管理担当    内線(246,247)