国民健康保険の加入・脱退

2017年1月17日

国民健康保険の加入・脱退手続きについて

国民健康保険(国保)への加入は、世帯ごとになります。

 

下記の事項に該当するときは、14日以内に届出をしてください。

 

 

加入するとき

こんなときは

届出に必要なもの

他の市町村から転入してきたとき

転出証明書

勤務先の健康保険をやめたとき

勤務先の健康保険を喪失証明書(退職証明書等)・年金手帳

健康保険の被扶養者でなくなったとき

被扶養者でなくなった証明書

子どもが生まれたとき 出生証明書・保護者の口座番号がわかるもの
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書

 

脱退するとき 

こんなときは 届出に必要なもの
他の市町村へ転出するとき 保険証
勤務先の健康保険へ加入したとき 国保と勤務先の健康保険の両方の保険証
健康保険の被扶養者になったとき
生活保護を受けるとき 保険証・保護開始決定通知書
被保険者が死亡したとき(※1)

保険証・故人と喪主の確認ができる書類(会葬礼状の写し等)

・喪主名義の口座番号がわかるもの・喪主の印鑑

 

※1 国保加入者が死亡した場合、申請により葬祭を行った方(喪主)に 葬祭費が支給されます。

 

【75歳になる方】

75歳になると、健康保険から後期高齢者医療制度に移行しますが、届出の必要はありません。

その他

こんなときは 届出に必要なもの
住所・世帯主・氏名等が変わったとき 保険証・印鑑

保険証をなくしたり、汚れて使えなくなったとき

(再交付について)

本人確認できるもの・印鑑
修学のために、他の市町村に住むとき

保険証・在学証明書・印鑑

 

 ※保険証の盗難にあったときは、まず、警察に届出をしましょう。

 

このページに関する
お問い合わせ
市民課  国保医療担当    内線(127,128,129,137)