銀河鉄道展望公園

2013年3月25日

 

《銀河鉄道展望公園について》

茅ヶ岳の麓で、眼前に南アルプスを望み、市内を一望できる場所にあります。

 

 

暗闇の中を一本の光の帯が上昇していく夜のJR中央線が

まるで銀河鉄道のようにみえることからこの名が付けられました。

 

 

 

 

公園内には『銀河鉄道の夜』の作者である宮澤賢治さんの故郷である岩手県から

平成18年に寄贈していただいた「ぎんどろ」という木も植えられています。

 

 

 

 

 

《設備》

トイレ、水道、休憩ベンチ、観光案内板 有

 

《ご注意》

BBQ、花火等はできませんのでご注意ください。

地図

このページに関する
お問い合わせ
商工観光課  観光担当    内線(213,214)