妊婦相談(母子健康手帳交付)

2018年3月29日

 妊娠おめでとうございます! 

母子健康手帳は、お母さんとお子さんの健康状態や予防接種の記録のための大切な手帳です。
妊娠がわかったら早めに届け出をしてください。
妊婦相談も同時にしていますので、ご相談ください。

※母子健康手帳は、 韮崎市に住民票のある方 に交付します。

交付日 月曜日・ 木曜日
時間 午前9時30分~午後4時まで
場所 韮崎市保健福祉センター
持ち物

特にありません

(印鑑や妊娠証明書等は必要ありません)

 

 

 

 

内 容

 妊婦相談・母子健康手帳交付時、母子保健サービスの紹介(市の母子保健事業や受診票の交付等)をしています。

(平成30年4月から新生児聴覚受診票・産後健康診査受診票が増えました) 

 

妊婦一般健康診査事業(以下 妊婦健診という)について

   妊婦の健康保持増進及び経済的負担の軽減を図るため、妊婦一般健康診査受診票(以下 受診票という)を

   交付し、その費用を助成します。

 

  ○受診票の交付内容と助成額

   ・妊婦一般健康診査受診票・・・14枚交付(1枚 6,000円)

   ・乳児一般健康診査受診票・・・ 1枚交付  

   ・HTLV-1抗体検査受診票(青色)・・・1枚交付(1枚 2,290円)

   ・クラミジア抗原検査受受診票(黄色)・・・1枚交付(1枚 1,290円)

   ・新生児聴覚検査受診票・・・1枚(1枚3,000円)

   ・産後健康診査受診票・・・2枚(1枚5000円)

 

  ○受診にあたっての注意

   ・県内の委託医療機関等で健診を受ける時に、受診票を提出して受診してください。 

  ・委託医療機関等以外(県外)で妊婦健診・新生児聴覚検査・産婦健診を行った場合には、償還払いとなりますので、下記のとおり、必要な書類を添えて助成金の申請を行ってください。

 

     ~助成金の申請方法~

 

       委託医療機関以外(県外)で妊婦健診・新生児聴覚検査・産婦健診を実施した場合は、出産後180日以内に以下の書類を添えて、韮崎市役所 健康づくり課 (韮崎市保健福祉センター内)まで申請してください。 

 

    <1>医療機関が発行する妊婦健診・新生児聴覚検査・産婦健診に要した費用が記載された領収書の写し

    <2>妊婦健診・新生児聴覚検査・産婦健診の検査項目及び検査実施日が記載された母子健康手帳の写し

    <3>使用していない受診票

    <4>債権者登録申請書

 

  市外へ転出した場合、受診票が使用できませんので 転出先の市町村 にご相談ください。

 外国の方には8か国語の母子健康手帳が用意してあります。 

 (英語・スペイン語・ポルトガル語・中国語・ハングル語・タガログ語・タイ語・インドネシア語)

地図

韮崎市保健福祉センター

このページに関する
お問い合わせ
健康づくり課  保健指導担当    内線(0551-23-4310)