都市計画税とは

2013年3月25日

都市計画税は、道路・公園などの都市計画事業又は土地区画整理事業に充てるため、都市計画区域のうち用途地域内に、毎年1月1日(賦課期日)現在、土地、家屋を所有している人が、その土地、家屋の所在する市町村に納める税金です。


 都市計画税を納める人(納税義務者)は、原則として都市計画区域のうち用途指定地域内に所在する土地、家屋の所有者です。

 

税額の計算

 税額の計算は次のとおりです。
 課税標準額×税率(0.1%)=税額
 都市計画税の課税標準額は、基本的に固定資産税の課税標準額と同じですが、住宅用地に対する課税標準の特例の割合が異なります。

 

住宅用地に対する課税標準の特例

 小規模住宅用地の課税標準額については、価格の3分の1の額。
 その他の住宅用地の課税標準額については、価格の3分の2の額。              


 固定資産税について免税点未満のものは、都市計画税はかかりません。

 

納税の方法

 固定資産税と併せて納めていただきます。したがって納期は固定資産税と同じです。

 

このページに関する
お問い合わせ
税務課  固定資産税担当    内線(156,157,158)