韮崎市都市計画マスタープラン

2013年3月25日

「韮崎市都市計画マスタープラン」とは


 韮崎市都市計画マスタープランは、都市計画法第18条の2の規定による「市町村の都市計画に関する基本的な方針」に当るもので、韮崎市が住民の意見を反映し、まちづくりについて具体性のある将来像を設定して、その実現のための整備方針を示したものです。


「韮崎市都市計画マスタープラン」の位置づけ


 韮崎市都市計画マスタープランは、「韮崎市長期総合計画」並びに「山梨県都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」に即して策定されております。
そのため、「韮崎市長期総合計画」に掲げている将来都市像を具体化していく、都市づくりにおける最上位の計画(基本的な方針)となることから、適切に都市計画に反映させるとともに、今後、策定・改定する「部門別の諸計画」の総合的な指針となり、今後実施する個別事業は、これらの計画に基づいて実施されることになります。


○ 本編構成 <ダイジェスト版(PDF)をこちらからご覧いただけます。>

 

表紙・目次

 

序 章 計画の基本的事項

   第1章 全体構想

 

第2章 地域別構想

 

第3章 まちづくりの進め方

 

【資料】

 

 ・ 将来都市構造図(全体)

 

 ・ 将来都市構造図(地域別)

 

このページに関する
お問い合わせ
建設課  都市計画担当    内線(250,251)