家庭児童相談室

2013年3月25日

児童についてご相談ください

家庭児童相談室では、子どもや子どもをとりまく家庭環境などについての相談に幅広く応じています。もちろん、子どもさん本人の相談にも応じます。ひとりで抱えこまずご相談下さい。何事も早めの対応が効果的です。秘密は守られます。


相談内容


子どもの心と身体の発達に関する相談
言葉が出ない。呼んでも振り向かない。視線が合いにくい。落ち着きがない。
神経質、潔癖症、夜尿、場面緘黙 (ばめんかんもく) など。


育児・しつけ相談
イライラして子どもにあたってしまう。子どもがいうことを聞かない。
どのようにしつけしていいか、わからない、子どもの養育に自信がないなど。

 

心身障害の相談
療育相談、家庭、学校等での生活、就学の悩みなど。

 

いじめ、不登校、人間関係など学校等での生活についての相談

 

非行、不良行為に関する相談

 

家族関係に関する相談
親子、兄弟、祖父母との関係、家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス)についてなど。

 

養育環境の相談
保護者の経済的困難、入院、障害、失踪、服役に伴う養育力の不足等。

 

児童虐待の相談
したくないのに、虐待してしまう親、人には言えないが虐待を受けている子ども、虐待されていると思われる児童を発見した方からの相談。

相談方法

月~金曜日の午前9時から午後5時まで、家庭児童相談員による面接相談、電話相談や、状況により自宅に訪問します。
相談内容により、児童相談所、病院等の専門機関をご紹介することもあります。
毎週木曜日は、韮崎市民交流センターにて午前10時から午後4時まで相談に応じます。

(祝日、市民交流センター休館日はお休みです。)

 

このページに関する
お問い合わせ
福祉課  子育て支援担当    内線(173,174,175)