身体障害者手帳

2014年6月13日

 身体に障がいのある方に手帳を交付します。手帳は障害の程度によって、1級から6級までに区分され、各種の制度を利用するために必要です。

 
対象者

肢体(上肢・下肢・体幹)、視覚、聴覚・平衡機能、音声・言語・そしゃく機能、心臓機能、じん臓機能、肝臓機能、呼吸器機能、ぼうこう・直腸機能、小腸機能、免疫機能などに永続する一定の障がいがある方。

必要書類等 申請書・都道府県知事が指定する医師の診断書・証明写真1枚(上半身正面無帽縦4cm×横3cm)・印鑑
申請先 市役所福祉課障がい福祉担当
 その他

申請から交付まで概ね1ヵ月半~2ヶ月を要します。

医師の診断書は、都道府県知事が指定する医師が作成したものに限ります。

身体の症状が変化した場合又は手帳を紛失、破損した場合は改めて申請してください。その場合も上記の書類が必要となりますが、紛失、破損の場合は医師の診断書は必要ありません。

 

このページに関する
お問い合わせ
福祉課  障がい福祉担当    内線(182,183)