自立支援医療(精神通院医療)

2014年6月13日

 「心の病」をお持ちの方に対して、継続的に適切な医療行為を受けていただくため、通院医療費の9割を公費と医療保険で負担し、医療費の自己負担分を軽減する制度です。

 

対象者 医師の診断書に基づきます。
一定所得以上は制度の対象外となる場合があります。
費用負担

精神科等の医療機関でかかった通院の医療費(診察・デイケア・訪問看護も含む)及び処方された薬代について、自己負担が1割になります。ただし、世帯の所得に応じて月額の上限負担額が設定されます。

※世帯とは、対象者の医療保険証の扶養・被扶養の関係にある方全員です。

必要書類等

申請書、診断書(都道府県知事が指定する医師が作成したもの)、課税状況照会にかかる同意書(年度途中で転入された方は、同一保険に加入する世帯員の所得課税証明書)、保険証、障害年金証書(受給している方のみ)

※更新の場合診断書は2年に1度の提出となります。(受給者証に記載があります。)

申請先

市役所福祉課障がい福祉担当

その他

有効期間は1年です。

更新手続きは有効期限終了の3ヶ月前からできます。有効期限を確認していただき、必ず期限が過ぎる前に更新手続きをしてください。

通院できる医療機関・薬局は原則1ヶ所です。

 

このページに関する
お問い合わせ
福祉課  障がい福祉担当    内線(182/183)