自立支援医療(育成医療)

2014年6月13日

 障がいのある児童(障害に係る医療を行わないときは将来障害を残すと認められる疾患がある児童を含む。)で、その障害を除去、軽減する手術等の治療によって確実に効果が期待できる児童に対して提供される、生活の能力を得るために必要な自立支援医療費の支給を行うものです。

 

対象者

視覚、聴覚、平衡機能、音声機能等の障がいのある18歳未満の児童

一定所得以上は制度の対象外となる場合があります。

対象となる障がい

1.視覚障害

2.聴覚、平衡機能障害

3.音声機能、言語機能、そしゃく機能障害

4.肢体不自由

5.心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう若しくは直腸、小腸又は肝臓の機能障害

 ①腎臓機能障害に対する人工透析両方

 ②腎移植後の抗免疫療法

 ③小腸機能障害に対する中心静脈栄養法

 ④心臓機能障害に対する心移植後の抗免疫療法

 ⑤肝臓機能障害に対する肝臓移植後の抗免疫療法

 ※①~⑤及び、それらに伴う医療についても対象とする。

6.先天性の内臓の機能障害(上記5以外)

 ※手術により将来生活能力を維持できる状態のものに限ることとし、いわゆる内科的治療のみのものを除く

7.ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障害

費用負担

原則1割負担ですが、世帯の所得状況に応じ自己負担上限があります。

※世帯とは、対象者の医療保険証の扶養・被扶養の関係にある方全員です。

必要書類等 申請書・印鑑・受診者及び被保険者の健康保険証・課税状況照会に係る同意書(年度途中で転入された方は同一保険に加入する世帯全員の所得課税証明書)・指定医療機関の医師意見書
申請先 市役所福祉課障がい福祉担当
その他 

必ず治療前に申請が必要です。 

有効期間は、医療の内容により3ヵ月~1年以内です。

更新が必要な方の手続きは有効期間終了の3ヵ月前からできますので、必ず期間終了前に手続きをしてください。

 

このページに関する
お問い合わせ
福祉課