不妊治療対策支援事業 

2017年4月6日

韮崎市では不妊治療を行っているご夫婦に医療費の一部を補助する”不妊症対策支援事業”を行っています。

制度改正により平成28年4月より新たに一般不妊治療及び男性不妊治療についても助成対象の範囲に加え、不妊治療を行っているご夫婦の経済的な負担の軽減と新しい命の育みを応援していきます。

 

 ■助成対象となるご夫婦

 

 

 

・夫婦のいずれかが継続して1年以上韮崎市に住所を有する戸籍上のご夫婦

 

 

・医療機関において不妊症と診断され、不妊症の治療を受けているご夫婦

・合計所得が730万円未満のご夫婦

・市税等を滞納していないご夫婦

 

■治療内容

 

・特定不妊治療(体外受精または顕微授精)

・一般不妊治療(人工授精等)

・男性不妊治療(特定不妊治療の一環として行われる、精巣内精子生検採取法または精巣上体内精子吸引採取法による手術、その他精子を精巣または精巣上体から採取するための手術)

 

■助成額及び期間

 

下表のとおり

 

■申請方法

 

治療が終了した日の翌日から起算して1年以内に申請書(医療機関の証明)に領収書および保険証を添付して、保健課保健指導担当までお持ちください。

申請用紙は保健福祉センターに用意してあります。また下記よりダウンロードできます。

 

※平成28年3月31日までに開始した治療は旧制度の適応ですのでご注意ください。

 

  治療内容 年間助成金額 通算助成期間 運用開始  申請用紙
新制度 特定不妊治療           1年度内に20万円まで 5年間

平成28年4月1日以降に

治療を開始

 

 

一般・特定不妊治療.pdf(74.0KBytes) 

債権者登録申請書.pdf(102KBytes)

 

一般不妊治療
男性不妊治療 1年度内に5万円まで

男性不妊治療.pdf(77.5KBytes)

債権者登録申請書.pdf(102KBytes)

制度

改正前

特定不妊治療

1年度1回の治療につき10万円を限度として2回まで助成

限度なし

平成28年3月31日以前に治療を開始

 特定不妊治療.pdf(104KBytes)

 

 債権者登録申請書.pdf(102KBytes)

 

 

地図

このページに関する
お問い合わせ
保健課  保健指導担当 0551‐23‐4310