【個人住民税】特別徴収税額の納期の特例について

2013年11月27日

特別徴収とは、給与の支払い者が個人に代わって給与所得者ごとの税額を毎月の給与から差し引き、その翌月10日までに市へ納入することをいいます。

しかし、一定の要件を満たせば年2回の納入に特別に認める制度があります。

 

特例を受けられる事業所

給与の支払いを受ける人が常時10人未満である事業所

 

申請方法

市長に「特別徴収税額の納期の特例の承認に関する申請書」を提出します。

特別徴収税額の納期の特例の承認に関する申請書.pdf(95.9KBytes)

その後、承認されることが必要です。

 

提出期限

毎年4月10日まで

 

承認された後の納入方法

      徴収月      納入日

 6 ~  11月 ⇒ 12月10日

12 ~ 翌 5月    6月10日

 

関連リンク

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請について⇒国税庁HP

 

特別徴収とは?? ⇒ 全国地方税務協議会

このページに関する
お問い合わせ
税務課  市民税担当    内線(153,154,155)