国保税の試算について

2017年7月7日

国保税の試算について

 

 市民課国保医療担当窓口において、国保税(世帯の年税額)の試算資料をお渡しすることができます。

 試算を希望される方(世帯)は、事前にお電話でお問い合わせください。
 なお、申告が遅れている方や転入されたばかりの方は、課税資料がないため、正確な計算ができない場合があります。
 また、下記の試算ページからも試算が可能ですが、この試算表は、おおよその額を知るための簡易的なものとして作られています。

 参考資料として提示するものであり、決定額ではありませんのでご承知ください。

 

国保税試算表 

国保税試算表(平成29年度).xls(48.0KBytes)

 


試算表の利用には、Microsoft excel が必要です。
試算ページに掲載、搭載されている情報については、著作権の対象となっています。営利目的・非営利目的に関わらず、無断転載及び複製などは固くお断りします。

 

【ご用意いただくもの】
・世帯主及び世帯内の国保被保険者全員の前年中の所得金額がわかるもの(確定申告書の写し・源泉徴収票など)
(平成29年度の税額の算定には、平成28年1月1日~平成28年12月31日までの所得金額が必要です。)
・世帯内の国保被保険者全員分の今年度の固定資産税額がわかるもの(固定資産税納税通知書など)
(固定資産税額のうち、試算割を計算する上で対象となるものは、土地及び家屋に係る部分です。都市計画税は除きます。)


【利用時の注意点】
・この試算表は、被保険者全員が1年間国保に加入されるものとして計算されます。
・年度途中で40歳または65歳になる方は、介護分の算定額が、試算した額と異なる場合があります。
・この試算表では、月割処理や端数処理、軽減判定については、正確な計算はできません。
・この試算表では、譲与所得などの分離課税所得がある場合、正確な計算はできません。

このページに関する
お問い合わせ
市民課  国保医療担当    内線(127,128,129,137)