全国瞬時警報システム(J-ALERT)について

2018年5月2日

全国瞬時警報システム(J-ALERT)の全国一斉情報伝達訓練について

緊急地震速報訓練放送等の実施について

全国瞬時警報システム(J-ALERT)を使い、緊急地震速報が防災行政無線から正常に流れるか確認する訓練放送が、消防庁・気象庁等関係機関により実施されます。

当日、市内121ヵ所の防災行政無線屋外スピーカーから次のとおり放送が流れます。

放送を確認したら、皆さんも「いざ」というときに備えて、身を守る訓練をしてみましょう。

実施日時(情報伝達訓練)

平成30年5月16日(水)午前11時00分ころ 

 

訓練放送内容

【上り4音チャイム】

 

「これは、Jアラートのテストです。」×3回

 

「こちらは、ぼうさいにらさきです。」

 

【下り4音チャイム】

全国瞬時警報システム情報伝達訓練.pdf(330KBytes)

全国瞬時警報システム(J-ALERT)について 

韮崎市では緊急地震速報など国が発信する情報を受信し、防災行政無線を自動起動して緊急放送する全国瞬時警報システム(J-ALERT)の運用をしております。

J-ALERTでお知らせする情報は、「緊急地震速報」「国民保護情報」(武力攻撃、テロ等)など、対処に時間的余裕がない緊急情報です。

国から人工衛星を用いて直接市町村に送信された情報が、自動的に防災行政無線を通じて放送されます。

 

■国民保護ポータルサイト(内閣官房)

 http://www.kokuminhogo.go.jp/arekore/shudan.html

 

■参考:韮崎市国民保護計画

 PDFファイル:6.20 MB 

 

■スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用

    (PDFファイル:251KB)

J-ALERT概要図 

このページに関する
お問い合わせ
総務課  危機管理担当    内線(339,399)