年末の交通事故防止県民運動

2016年12月1日

年末の交通事故防止県民運動が実施されます

12月1日から31日まで、『乗せるのは 君の宝(かぞく)と その未来(あした)』をスローガンに、「年末の交通事故防止県民運動」が実施されます。

 

年末のこの時期は、交通量の増加や道路の混雑に加え、心理的な慌ただしさや飲酒の機会の増大などで、交通事故が発生しやすくなります。

 

悲惨な交通事故の発生を未然に防ぐため、一人ひとりが交通安全意識の高揚を図って、次のとおり交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践につとめましょう。 

 

 ・飲酒運転の根絶

 ・早めのライト点灯・上向きライト活用の徹底と反射材使用の推進

 自転車の安全で快適な利用の推進

 ・高齢者と子供の交通事故防止

 ・全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

 ・二輪車の交通事故防止

〔韮崎市における交通事故発生状況:平成28年9月末現在〕

  平成28年9月末 前年同期 前年比
発生件数 102 141 -39
死者数 2 0 + 2
負傷者数 133 185 -52

韮崎市内では、事故・負傷者数は昨年の同じ時期に比べ減っていますが、死者数が増加しています。

悲惨な事故を起こさないよう、車両を運転される方は特に注意してください。

 

山梨県警察/交通事故発生状況

県警の統計情報(最新)はこちらのページをご覧ください。

 

高齢者の方の交通事故も増えています!

平成28年11月10日(木)に発生した交通事故により、本年の県内における高齢者(65歳以上)の死亡事故が20件となりました。

昨年の高齢者の死亡事故件数の13件を上回り、これからは、夕暮れ時など、辺りが見えにくくなり交通事故も起きやすくなることから、更に、多数の事故の発生が危惧されます。

 

【関連情報】

■高齢者の交通死亡事故の防止について

http://www.city.nirasaki.lg.jp/docs/2014111100021/

 

このページに関する
お問い合わせ
総務課  防災交通担当    内線(339・399)