飲酒運転の根絶について

2018年1月31日

山梨県飲酒運転絶滅運動(平成29年1月~12月)の集計結果

昨年の県下における交通事故発生状況は、事故発生件数、負傷者数こそ一昨年を下回っていたものの、死者数については、全国的に減少傾向が続く中、山梨県は前年比2名増となりました。
 

さらに、本県は、平成29年中の人口10万人あたりの飲酒事故発生件数が、全国ワースト1位となり危機的な結果となっております。

 

悲惨な交通事故の発生を未然に防ぐため、一人ひとりが交通安全意識の高揚を図りながら、「飲酒運転は絶対にしない、させない、許さない」という強い意志を持って飲酒運転の根絶に努めましょう。

〔韮崎市における飲酒運転等の発生状況:平成29年1月~12月〕

 

件数

28年

前年比

飲酒運転による

死亡事故件数

0 0 ± 0

飲酒運転による

負傷事故件数

2 1 + 1

飲酒運転

違反件数

13

12

+ 1

 

※本件統計の飲酒運転による死傷事故件数は、自転車の運転手も含まれています。

 

絶対にダメです! 飲酒運転

飲酒運転には厳しい処分があり、また、お酒に強い・弱いに関係なくアルコールによる影響があります。

酒類を提供したお店も罰せられますので、飲酒運転は絶対にしない、させない」を徹底してください。

 

飲酒の根絶 

飲酒の影響

 

山梨県警察/飲酒運転の根絶!

飲酒運転の罰則等については、こちらのページをご覧ください。

http://www.pref.yamanashi.jp/police/pk_kikaku/inshu.html

このページに関する
お問い合わせ
総務課  危機管理担当    内線(339,399)