「新入学児童・園児を交通事故から守る運動」の実施について

2015年3月31日

「新入学児童・園児を交通事故から守る運動」

 

4月、新しく慣れない通学(園)路を通い始める新入学児童・園児の交通事故が心配されます。

ドライバーの方、保護者の方、周囲の方が適切な指導とやさしい運転により、

子ども達を交通事故から守るよう、ご協力をお願いします。

「新入学児童・園児を交通事故から守る運動」

運動期間

 4月1日(水)から4月10日(金)まで

スローガン

 「よく見よう しんごうくるま 右左」

重点項目

 1 新入学の児童・園児に対する交通安全教育の推進

 2 通学・通園路における交通安全の確保

 3 新入学の児童・園児を交通事故から守る県民意識の醸成

市民の皆さんへのお願い

 

○ドライバーの皆さんへお願い

・新入学児童を見かけたら、スピードを落としましょう。

・駐車車両の陰や道路の反対側から飛び出してくる子どもがいないか、十分に注意しましょう。

 

○保護者の皆さんへお願い

・子どもと一緒に通学(園)路を歩いて、道路の歩き方や横断の仕方を教えましょう。

・急な飛び出しは、特に危険です。ふだんから、きちんと止まって、みぎ・ひだりを確認する習慣をつけましょう。

 

○周囲のみなさんへのお願い

・子どもは大人のまねをする傾向があります。交通ルールを守って良いお手本となりましょう。

・道路を横断しようとしている子どもを見かけたら、安全に渡れるように誘導しましょう。

このページに関する
お問い合わせ
総務課  防災交通担当    内線(339,399)