平成28年1月からの介護保険に関する申請時の注意事項について

2016年10月18日

 平成28年1月から、個人番号制度導入により申請時に申請者の本人確認が強化されました。

 申請には、新様式による申請書と本人確認書類(郵送の場合は写し)が必要になります。

 なお、今後申請に関する取扱(受付方法)を効率化していくうえで、変更することがございます。

変更の際には随時ホームページ等で周知いたしますので、よろしくお願いいたします。

 

 

【確認が必要な申請】

 

・住所地特例適用・変更・終了届

・被保険者証等再交付申請書

・要介護認定申請書(新規・更新・区変)

・居宅(介護予防)サービス計画作成依頼(変更)届出書

・高額介護(予防)サービス費支給申請書

・基準収入額適用申請書

・介護保険高額医療合算介護(予防)サービス費支給申請書

・負担限度額認定申請書

 

 

【1点で確認ができる書類】 写真付公的証明書

 

個人番号カード、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、介護支援専門員証、

身体障害者手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書 等

 

 

【2点で確認ができる書類】 写真なし公的証明書

 

介護保険被保険者証、健康保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証、介護保険負担割合証、

介護保険負担限度額認定証、写真なし住民基本台帳カード、国民年金手帳 等

 

このページに関する
お問い合わせ
介護保険課  介護保険担当(℡)23-4313