韮崎市健康増進計画

2018年3月15日

韮崎市では、平成23年に「第1次韮崎市健康増進計画」を策定し、「心身共に健やかに、生きがいや幸せを実感できるまちづくり」の実現を目指して、市民の健康増進に係る取り組みを推進してまいりました。

「第2次韮崎市健康増進計画」では、「健康寿命の延伸を目指して~心身ともに健やかに 一人ひとりの健康づくり~」を基本理念として、その実現に向けたライフステージごとの大目標と、健康づくりに関する9つの分野ごとの方向性を新たに定めています。 

計画の位置づけ

本計画は、健康増進法第8条第2項に基づく「健康増進計画」であり、「韮崎市第6次長期総合計画 後期基本計画」を上位計画として、その健康づくりの推進に係る分野を具体化したものです。
また、国の「健康日本21(第2次)」や「新健康フロンティア戦略」、山梨県の「健やか山梨21(第2次)」との整合性を図り策定を行い、本市における健康づくりの方向性を定め、実現のための施策を総合的、計画的に推進する基本的指針となるものです。 

計画の期間

本計画は、平成28年度を初年度、平成32年度を最終年度とする5か年計画とします。

なお、社会状況の変化により見直しの必要性が生じた場合は、随時見直すこととします。

基本理念

生涯にわたって心身ともに健やかな生活を送ることは誰もが望むことです。その実現のためには、市民一人ひとりが健康づくりに関心を持って健康寿命の延伸を目指すとともに、地域全体でその活動を支えることが必要です。
こうしたことを踏まえ、市民がそれぞれのライフステージ、ライフスタイルに合った健康づくりを、日常生活の中で取り組むことができるよう、本計画の基本理念を次のように定めます。


健康寿命の延伸を目指して ~心身ともに健やかに 一人ひとりの健康づくり~

計画の体系

次世代を担う子ども達が健やかに育つことができるよう、妊娠を望む女性への支援や、妊娠期・授乳期・乳幼児期の母子の健康管理、育てにくさを感じる親への支援を行います。
健康的な身体を育むための基礎を確立することができるよう、幼い頃から適切な生活習慣を定着させ、肥満やう歯の防止、就寝時刻の改善に取り組みます。
生活習慣の変化に対応しながら、体調管理を自身で行うことができるよう、健康維持の支援や、自身の健康管理意識を醸成します。また、生活習慣病の合併症の発症や重症化の予防に取り組み
ます。
健康寿命を延伸し、心身ともに健やかな生活を維持することができるよう、適切な食生活や運動習慣、生きがいづくりを支援します。 

分野別の方向性

○ 栄養・食生活 : バランスの良い食事と適切な食習慣の普及
○ 身体活動・運動 : 身体活動・運動習慣の定着と環境づくり
○ 休養・心の健康 : 積極的休養の推進と心のケア体制の充実
○ たばこ : 知識の普及と禁煙・分煙対策の推進
○ アルコール : 適正飲酒の普及と実現
○ 歯及び口の健康 : 虫歯・歯周病予防と口腔機能の維持 

○ 生活習慣病 : 良い生活習慣の定着と重症化の予防

○ がん : がんの発症予防と早期発見・早期治療の推進

○ 母子保健 : 親子に寄り添った支援と地域の見守りの推進

ライフステージごとの大目標

○ 妊娠・乳幼児期 : 健やかな子どもの誕生と親に寄り添う支援の充実
○ 学童・思春期 : 健やかな発育とより良い生活習慣の形成
○ 成人期 : 健やかな生活習慣の形成と重症化の予防
○ 高齢期 : 健やかな生活の維持と健康寿命の延伸

 

計画の全文

計画全文を掲載しますので、ぜひご覧ください。

なお、市役所1階情報公開コーナー、保健福祉センターには冊子が置いてあります。

第2次韮崎市健康増進計画

第2次韮崎市健康増進計画.pdf(3.17MBytes) 

過去の計画

第1次韮崎市健康増進計画

第1次韮崎市健康増進計画.pdf(6.33MBytes)

このページに関する
お問い合わせ
健康づくり課  健康増進担当    内線(0551-23-4310)