交通死亡事故抑止対策の強化について

2016年6月23日

交通死亡事故抑止対策の強化について

平成28年の県内における交通事故発生状況は、6月12日現在、

 

 ・発生件数 1,794件 (前年同期比 -240件)

 ・負傷者数 2,310人 (前年同期比 -390人)

 ・死者数が    18人 (前年同期比 +6人)

 

と、交通事故総量は減少傾向にある一方で、死亡者数が大幅に増加している状況にあります。

 

 

 

事故の発生状況を見ますと、高齢者や二輪車が関係する死亡事故が多発しているほか、死亡事故に至らない重篤事故も増加しています。

 

 

飲酒運転に伴う事故についても、平成27年中、人口10万人当たりの飲酒事故率は、全国ワースト2位と不名誉な結果となっており、未だに飲酒運転による事故も後を絶たない等、本年の県下の交通情勢は、深刻な状況にあります。

 

山梨県警察/交通死亡事故抑止緊急対策について

現在山梨県警では各種緊急対策を実施中であり、6月14日県警の交通部長が緊急記者会見を行いました。

上記の情報は、県警の交通死亡事故抑止緊急対策のページに詳しく掲載されています。

 

こちらのページをご覧ください。

 

 

山梨県警察/交通事故発生状況

県警の統計情報(最新)はこちらのページをご覧ください。

このページに関する
お問い合わせ
総務課  防災交通担当    内線(339・399)