平成28年度臨時福祉給付金等のお知らせ

2016年9月20日

平成28年度臨時福祉給付金 

平成28年度臨時福祉給付金とは?

消費税率の引上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対して、制度的な対応を行うまでの間、暫定的・臨時的な措置として、実施するものです。

支給対象者

平成28年度分市町村民税(均等割)が課税されていない方。

(ただし、課税者の扶養となっている場合や生活保護制度の被保護者となっている場合は対象外です。)

支給額

支給対象者1人につき 3千円

障害・遺族基礎年金受給者向けの給付金

障害・遺族基礎年金受給者向けの給付金とは?

「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい低所得の障害・遺族基礎年金受給者を支援するために実施するものです。

支給対象者

平成28年度臨時福祉給付金対象者のうち、平成28年5月分の障害・遺族基礎年金等(※1)を受給されている方が対象です。

ただし、高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)を受給した方は対象外となります。

※1

● 障害基礎年金又は遺族基礎年金

● 昭和61年3月以前に受給権が発生した、国民年金、厚生年金保険(旧農林年金を含みます。)及び船員保険の障害年金(障害等級が1級又は2級(船員保険の職務上の障害年金は1~5級)の年金に限ります。)

● 昭和61年3月以前に受給権が発生した、国家公務員共済組合、地方公務員共済組合・全国市町村職員共済組合連合会、日本私立学校振興・共済事業団が支給する障害年金及び船員障害年金(障害等級が1級又は2級の年金に限ります。)

支給額

支給対象者1人につき 3万円

申請手続(2つの給付金共通)

申請受付期間

平成28年10月4日から平成29年2月3日

(土曜、日曜、祝日、年末年始は除く)

対象と思われる方については、平成28年10月3日(月)に申請書等を発送します。

・申請書は平成28年度臨時福祉給付金と障害・遺族基礎年金受給者向けの給付金それぞれ別の様式になります。

・申請書等が届いていない方でも、ご自身で対象と思われる方はお問い合わせください。

申請方法(受付場所)

・10月4日から10月14日までの間は、市役所1階、防災会議室

・上記以外は、市役所1階、福祉課窓口

・郵送での申請も可能(同封の返信用封筒にてお送りください。)

(平成29年2月3日 当日消印有効)

支給について

・平成28年11月下旬以降の振込となります。

・支給対象者には決定・振込通知を送ります。

このページに関する
お問い合わせ
福祉課  社会福祉担当    内線(181)