第5次韮崎市行政改革大綱の策定について

2019年4月9日

 本市では、市民ニーズや社会経済情勢等、市民と市を取り巻く環境の変化に対応し、更なる市民満足度の高い行政サービスの提供及び適正かつ合理的な行政運営を推進するため、行政改革の指針となる韮崎市行政改革大綱を策定しました。

 

1.行政改革大綱

   第5次韮崎市行政改革大綱

2.計画の推進期間

 平成31年度から平成38年度まで(8年間)

 ※ 後期実施計画策定の際や、社会経済情勢の変化等により大綱に見直しの必要が生じた場合は、

  随時見直しを行います。

 

3.行政改革実施計画

 第5次行政改革大綱に基づき、具体的な実施内容を記した「行政改革実施計画」についても、これまでと同様策定します。

 なお、実施計画の計画期間は、次のとおりです。

 

 前期計画:平成31年度~平成34年度(4年間)

 後期計画:平成35年度~平成38年度(4年間)

 

4.行政改革大綱策定の進捗状況 

 

  ⑴  平成30年8月9日  第1回行政審議会 

      ・会議録

   

  ⑵  平成30年8月20日~9月7日  市民・職員アンケート     

     ◆市民アンケート

      実施目的

      市民の皆さまが普段感じる市職員の仕事ぶり等について意見を伺い、行政改革大綱策定の参考とする。

     

      実施方法

      市役所庁舎及び出先機関の窓口での依頼

      地区長、各種団体の長へ郵送し、依頼

      市ホームページ利用による入力

           

      ・市民アンケート内容

      ・市民アンケート結果  

     

     ◆職員アンケート

      実施目的

      職員が日頃考えている業務内容への提案、人事行政への意見を聞き、行政改革大綱策定の参考とする。

      

      実施方法

      庁内インフォメーションで周知

      

      ・職員アンケート内容      

      ・職員アンケート結果

                   

  ⑶  平成30年11月6日  第2回行政審議会     

      ・会議録

  

5.これまでの大綱及び実施計画

   第4次韮崎市行政改革大綱

   実施計画(前期) 「計画期間H24~H27」

   実施計画(後期) 「計画期間H28~H30」

 

 

 

このページに関する
お問い合わせ
秘書人事課  人事行革担当    内線(322,325,326)