配偶者控除および配偶者特別控除が改正されました

2018年12月3日

 

平成29年度の税制改正により、配偶者控除および配偶者特別控除の取扱いが変更されました。

 

適用時期

 平成30年1月以降の所得に適用されます。

 

改正内容

1.配偶者控除の控除額が改正されたほか、給与所得者の合計所得金額が1,000万円を超える場合には、

   配偶者控除の適用を受けることができないこととされました。 

2.配偶者特別控除の控除額が改正されたほか、対象となる配偶者の合計所得が38万超123万円以下と

 されました。

 

注意点

 配偶者の合計所得金額が38万円を超えた場合は、扶養の人数には含まれませんので、市県民税の

 非課税判定の人数に含まれないほか、配偶者が障害者であっても障害者控除の対象となりません。

 

 

 控除額については、下記をクリックして確認してください。 

 改正後の配偶者控除および配偶者特別控除の額一覧

 

 

 

◎参考 

・国税庁ホームページ「配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて」<外部リンク>

 

このページに関する
お問い合わせ
税務収納課  市民税担当    内線(153,154,155)