台風19号により発生したごみの出し方について

2019年10月17日

台風19号の被害により発生したごみ処理についてご案内します。

台風被害に起因しない家庭ごみや資源物については、通常のルールにより排出してください。(収集日の変更もありません)

  

一般家庭の台風被害により発生したごみの出し方

 折れた枝木類

   (1)市指定ごみ袋に入る大きさのもの

   市指定ごみ袋に入れて、通常の可燃ごみとして各ごみステーションに排出してください。

 

  (2)市指定ごみ袋に入らない大きさのもの

   紐で縛る等して、通常の可燃粗大ごみとして各ごみステーションに排出してください。

 

  ※1本あたりの長さが2mを超えるものや、太さが直系20cmを超えるものは収集不可となりますので、

   それ以下のサイズに切る等して排出してください。

 

 トタン類

  (1)プラスチック素材のもの

   通常の可燃粗大ごみとして、各ごみステーションに排出してください。

 

  (2)金属素材のもの

   通常の不燃粗大ごみとして、各ごみステーションに排出してください。

   ※排出の際は、丸めて紐で縛るなど飛散防止にご協力ください。

 

 瓦、木材等の建築廃材

    災害廃棄物処理事業により処分を行います。

   詳しくはこちらをご覧ください。

 

 その他の可燃ごみ・不燃ごみ

   通常の生活ごみと同様に、市指定ごみ袋に入れて(ごみ袋に入らない大きさのものは粗大ごみ)各ごみステーションに排出してください。

 

 

地区や消防団で行った環境整備により発生した枝木類の処分 

 

 (1)市指定ごみ袋に入る大きさのもの 

   市指定ごみ袋に入れて、通常の可燃ごみとして各ごみステーションに排出してください。

 

 (2)市指定ごみ袋に入らない大きさのもの 

   穴山町内の市指定場所に排出が可能ですが、場所に限りがありますので、詳細につきましては市役所までお問い合わせください。

 

 

その他

   交通事情やごみの排出量により、収集に時間がかかる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

 

このページに関する
お問い合わせ
市民生活課  生活環境担当    内線(131,132)