木造阿弥陀如来及び両脇侍像(願成寺)

2013年3月25日

 

木造阿弥陀如来及び両脇侍像

 

 中央が阿弥陀如来像で、来迎印を結んでいます。向かって右は観音菩薩像、左は勢至菩薩像です。平安時代終末から鎌倉時代初期に造られたと考えられ、武田信義の寄進と伝えられています。

 山梨県内には、同時期の阿弥陀如来像は全部で7体あります。そのうち三尊像は善光寺(甲府市)2体、栖雲寺(塩山市)1体、願成寺(韮崎市)1体の計4体です。この中で願成寺のものは最も大きい仏像です。

 善光寺の仏像のうち1体は、韮崎の「宮地村」の地蔵堂から文禄年間に移したことが江戸時代に編さんされた『甲斐国志』に記されています。

 本像の安置されている願成寺は山号を鳳凰山と称し、現在曹洞宗ですが、かつては臨済宗でした。寺記によると、武田信義が平安時代の終わり頃に中興開基し、菩提所としたといわれています。

 願成寺には本像の他に、市指定文化財の「願成寺の五輪塔」・「 願成寺阿弥陀三尊像 」・「 願成寺の山号額 」などがあります。また、近くには「 武田信義館跡 」の伝承地があります。

 

●木造阿弥陀如来像
寄木造で坐高146.1センチメートルあります。来迎相で螺髪は植え付け、髪際は一文字、彫眼です。肉髻、白毫をはめこんだ痕跡があります。衲衣は左肩からかかって右肩を少し覆っています。


●観音菩薩像
寄木造の立像で造高は169.7センチメートルあります。垂髪毛筋彫で白毫をはめこんでいます。両手を屈臂して蓮台を捧げる形をしていて、左肩から右脇に条帛をかけ、天衣をまとい、裳をつけ、二段折り返して腰をわずかに左にひねっています。肉身は漆箔、衣紋は彩色されています。


●勢至菩薩像
寄木造の立像で造高は168.5センチメートルあります。垂髪毛筋彫で白毫をはめこんでいます。両手を屈臂して合掌していて、左肩から右脇に条帛をかけ、天衣をまとい、裳をつけ、二段折り返して腰をわずかに右にひねっています。

 

地図

木造阿弥陀如来及び両脇侍像(願成寺)

このページに関する
お問い合わせ
教育課  生涯学習担当    内線(269)