高齢者肺炎球菌ワクチン接種費用の一部助成について

2017年3月31日

  肺炎球菌は、肺炎を引き起こす原因となる病原体の一つで、特に高齢者が発症すると重症化する傾向にあります。これら肺炎球菌を起因とする肺炎の発症及び重症化予防を目的として、予防接種費用の一部助成を行います。早めに接種を受けるようにし、予防に努めましょう。

 

 

対象者

過去に1度も肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けていない方で下記に該当する方

 

【定期予防接種】・・・予防接種法に基づき接種

 

・年度末年齢(平成30年3月31日時点)が

 65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の市民

  

  【65 歳】 昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生まれの方

  【70 歳】 昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生まれの方

  【75 歳】 昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生まれの方

  【80 歳】 昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生まれの方

  【85 歳】 昭和 7年4月2日~昭和 8年4月1日生まれの方

  【90 歳】 昭和 2年4月2日~昭和 3年4月1日生まれの方

  【95 歳】 大正11年4月2日~大正12年4月1日生まれの方

  【100歳】 大正 6年4月2日~大正 7年4月1日生まれの方

 

 

・接種日現在60歳以上65歳未満の方で心臓や腎臓、呼吸器の機能または

 ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障害(自己の身辺の日常生活活動

 が極度に制限される程度の障がい)がある市民

 (※接種をご希望の方は、身体障害者手帳を持参してください)

 

 

【任意予防接種対象者】・・・予防接種法に定めがなく、被接種者の自由意思による接種

 

 

過去に1度も肺炎球菌ワクチンの接種をしたことがない方

・定期予防接種対象者以外で、年度末年齢が66歳以上の方

・接種者本人に市税等の滞納がない方

予防接種に係る費用に対し、健康保険の適用のない方

 

 

 

実施期間

平成29年4月1日(土)~平成30年3月31日(土)

 

 

接種費用

接種費用の1/2(上限4,000円、100円未満は切捨)

差額については、医療機関の窓口において自己負担となります。

なお、指定医療機関以外で接種した場合の接種費用は

全額自己負担になりますのでご注意ください。

 

 

接種手続

【定期予防接種】

1、指定医療機関に予約

2、郵送された『予診票』に必要事項を記入

3、接種当日は、予診票・健康保険証、接種費用等をお持ちのうえ接種

 

 

【任意予防接種】

1、保健福祉センターにて申請(持ち物:保険証・印鑑等)、

  申請後に助成券及び予診票を交付

2、指定医療機関に予約

3、接種日までに『予診票』に必要事項を記入

4、接種当日は、予診票・健康保険証等をお持ちのうえ接種

 

※任意接種の方は、助成券交付の翌日から60日以内に市内指定医療機関にて接種してください。

 

 

 

市内指定医療機関

   指定医療機関一覧表(ホームページ掲載用).pdf(20.1KBytes)

 

 


※高齢者に対してインフルエンザ予防接種に関しても助成を行っております。詳しくはこちらから。

 

このページに関する
お問い合わせ
保健課  健康増進担当 0551-23-4310