社会資本整備総合交付金

2019年4月24日

社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を原則一本化し、地方の自由度を高めた交付金として平成22年度に創設されました。地方公共団体は社会資本総合整備計画を作成し、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に行います。

 

また、平成24年度補正予算では、地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策及び事前防災・減災対策の取組み及び地域における総合的な生活空間の安全確保の取組みに特化したハード事業・ソフト事業を集中的に支援する防災・安全交付金が創設されました。

 

現在、山梨県と各市町村の共同作成した社会資本総合整備計画は山梨県のホームページに公開されています。

詳しくは、山梨県のホームページをご覧ください。

【山梨県ホームページ】(別サイトへリンク)

 

※山梨県のサイトから第三者のサイトへリンクしている場合がありますが、リンク先の内容を県として保証するものではありません。

このページに関する
お問い合わせ
建設課  建設土木担当    内線(248,249)