新型コロナウイルスに関する情報

更新日:2021年01月24日

新型コロナウイルスの感染拡大防止への協力要請について

営業時間短縮の協力要請について(1月25日から2月7日まで)

営業時間短縮の協力要請について

県内で深刻な感染状況が続いていることから、集中的に感染拡大防止対策を図るため、1月25日から2月7日までの間、山梨県知事より対象施設への営業時間短縮の協力が要請されています。

営業時間短縮の要請に協力いただいた施設には協力金が交付されます。
詳細については下記よりご覧ください。

緊急事態宣言を受けた山梨県知事からのメッセージ

緊急事態宣言を受けた山梨県知事からのメッセージ

1月7日、政府から緊急事態宣言が出され、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県が対象地域になりました。

山梨県知事より、感染拡大防止のためお願いのメッセージが出されています。

山梨県における感染拡大防止への協力要請(1月8日から2月28日まで)

山梨県では、昨年11月以降深刻な感染状況が続いており、国においては、1月7日に緊急事態宣言を発出し、1都3県が対象区域とされました。
そのため、山梨県においても引き続き感染拡大防止を図るため、1月8日から2月28日までの間、特別措置法第24条第9項に基づく感染拡大防止対策として、山梨県知事より以下のことが要請されています。

  • 日常生活を営むに当たり、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いなど基本的な感染対策の徹底、十分な換気への配慮
  • 人混み、密閉・密集・密接の「三つの密」のある場、休業等の協力要請を行う施設(注1)への外出自粛
  • 2月7日までの間、やむを得ない事情がある場合を除き、緊急事態宣言の対象区域となる特定都道府県(栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県)への移動自粛、特定都道府県以外への移動についても感染状況を踏まえた慎重な判断、大人数での会食や不特定多数の人が集まる場への参加など感染リスクの高い行動の自粛、特定都道府県の在住者の山梨県への来訪自粛
  • 基本的な感染防止対策の行われていない大人数での会食自粛
  • 会食では、基本的な感染防止対策が行われていない施設の利用は避け県が休業等の協力要請を個別に解除した施設又はグリーン・ゾーン認証を受けた施設の利用
  • スマートフォンを活用して感染者と接触した可能性がわかる接触確認アプリ(略称:COCOA)の利用を進めること
  • 県内に所在する対象施設の管理者及びイベント等の主催者に対し、施設の使用停止又は催物の開催停止の協力(注2)
  • 全ての施設・事業所等において、適切な感染防止対策を講じるとともに、人との接触の機会を削減するための配慮や工夫を講じること

(注1・注2)感染拡大予防ガイドラインの作成により、個別に協力要請を解除されたものを除く

詳細については下記よりご覧ください。

日常生活における基本的な感染症対策について

感染リスクが高まる「5つの場面」

注意力の低下や気の緩みなどにより、感染リスクが高まる「5つの場面」に注意しましょう

1.飲酒を伴う懇親会等 2.大人数や長時間におよぶ飲食 3.マスクなしでの会話
4.狭い空間での共同生活 5.仕事から休憩室、喫煙所、更衣室等への居場所の切り替わり

会食の際には、感染リスクを下げながら楽しむ工夫をしましょう

「飲酒は少人数・短時間で」「席の配置は斜め向かいに」「ガイドラインを遵守したお店で」など。

体調の悪い方は、帰省や旅行を控えましょう

帰省先や旅行先で体調が変化した場合は、会食や外出・観光は控え、感染拡大防止のためにその地域の保健医療当局に協力して下さい。

新型コロナウイルス感染症は誰もがどこでも感染する可能性があります

自分もいつ感染してもおかしくないと考えて行動しましょう

感染者の方だけでなく、医療従事者をはじめ私たちの暮らしを支えている方々やその家族などに対して、思いやり・支えあいの気持ちを持ちましょう。

感染リスクが高まる5つの場面

感染リスクが高まる「5つの場面」

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口等について

年末年始は、通常よりも診療できる医療機関が少なくなります

いつも以上に体調管理に気をつけて過ごすようにしましょう。

休日・夜間に発熱などの症状が出た場合は

かかりつけ医が診療しているかを確認し、休診の場合は「山梨県新型コロナウイルス感染症受診・相談センター」にお問い合わせください。

山梨県新型コロナウイルス感染症受診相談センター

  • 電話:055-223-8896(24時間対応)
新しい相談体制

令和2年11月1日以降の新しい相談体制

基本的な感染防止対策が行われていない施設の利用自粛について

県内において、マスクの着用、距離の確保、換気などの感染対策が不十分だった施設から、大規模なクラスターが発生する事例が出ています。

感染防止対策が取られた施設を利用しましょう

市民の皆さまには、感染防止徹底のため、特に会食などの機会においては、県の休業等の協力要請を個別に解除した施設(休業要請解除施設、または事業者が行う感染防止対策が県が示す基準に適合しているとして認証された施設(グリーン・ゾーン認証施設を利用いただけるようお願いします。

詳細については下記よりご覧ください。

やまなしグリーン・ゾーン認証施設のバナー画像

休業等の協力要請の個別解除について

山梨県では、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、感染リスクが高いと思われる施設に対して、施設の使用停止及び催物の開催停止の協力を要請しています。

感染防止対策が取られた施設であることの認証を受けましょう

対象施設については、感染防止ガイドラインを作成し適切に遵守する場合は、休業協力の要請を個別に解除することができますので、県庁の各所管課あてに必要書類を提出くださるようお願いします。

詳細については下記よりご覧ください。

山梨県内における新型コロナウイルス感染症患者の発生について

山梨県内で新型コロナウイルス感染症患者が拡大し、近隣を生活圏とする方の感染例も確認されています。

市民の皆様には、感染の拡大を防ぐため、人込みや3密となる場所をさけると共に、引き続き、マスクの着用、手洗いなどの対策をさらに徹底していただけるよう、お願いします。

詳細については、山梨県ホームページの県内における発生状況よりご覧ください。 

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)チラシ

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を開発しました。

ご自身のスマートフォンにインストールして、利用いただきますようお願いします。

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。

市民のみなさまへのメッセージ

新型コロナウイルス感染症の予防について

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

落ち着いて行動していただき、次のことを徹底してください

  • 手洗い・咳エチケットの徹底
  • 感染リスクが高まる3条件(密閉空間・密集場所・密接場面)を避ける

市民一人ひとりの行動が、まん延防止になります

  • 自分に症状がなくても、気づかないうちにほかの人に感染させてしまうことがあります
  • 高齢者や持病のある方などは、重症化の危険性が高いため、注意が必要です
  • 「人が集まる場所」「風通しが悪い場所」を避けるだけで、重症化を食い止め、多くの命を救えます
  • インターネット(SNS)などで、「不確実な情報」を拡散する前に、偏見や誤解を生まないか、想像してください
感染症対策へのご協力をお願いしますチラシ
「密」を避けて外出しましょうチラシ

ニーラといっしょに手を洗おう

予防に関する情報

家庭でできる健康づくり

イベント等の対応について

公共施設等の利用制限について

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策課 政策推進担当

〒407-8501
山梨県韮崎市水神一丁目3番1号
電話番号:0551-22-1111 (内線355・356・357)
メールでのお問い合わせはこちら