木造金剛力士立像

更新日:2020年03月31日

体が赤く、口が開いて怒りの表情をしており、右手は手のひらを下に向け、左手は振り上げて金剛杵を握っており、力強い様子の阿形像の写真

阿形像(あぎょうぞう)

体が赤く、口を閉じて怒りの表情をしており、右手は広げて前に突き出して、左はこぶしを握っている力強い吽形像の写真

吽形像(うんぎょうぞう)

 旭町の大公寺に安置されている二体の木造金剛力士立像です。
 寄木造りで玉眼と彩色は後の補修です。阿・吽形像ともに像高は210センチメートルで、平彫りで頭髪を表わしこれを束ねて髻を結っています。耳前のもみ上げは丸く渦を巻いています。
 両像ともに、上半身は裸形で、下半身に短裾をつけ、両肩から天衣をかけています。
 阿形は、開口して怒りの表情を見せて、右手は垂下して掌を下に五指を広げ、左手は振り上げて掌を外に金剛杵を握っています。
 吽形は、閉口して怒りの表情を見せて、右手は屈臂して掌を前に五指を開き、左手は屈臂して拳を作っています。
 腰を右にひねり、左足を開いて立っています。ややずんぐりとした姿ですが、力強い体躯の表現をしています。

 制作年代は室町時代と考えられます。
 大公寺にはこの他に市指定文化財「 大公寺の鐘 」があります。

地図

木造金剛力士立像

この記事に関するお問い合わせ先

教育課 文化財担当

〒407-8501
山梨県韮崎市水神一丁目3番1号
電話番号:0551-22-1111 (内線269・270・271)
メールでのお問い合わせはこちら