大公寺の鐘

更新日:2020年03月31日

大理石の上に置かれている大公寺の鐘の写真

大公寺の鐘

旭町の大公寺に保管されている高さ1.32メートル、口径0.66メートルの青銅製の鐘です。

 明暦元年に大公寺中興の昌室天変の発願で、駿州江尻大塚市兵衛尉種次他2名の鋳物師によって鋳造されました。
 駿州で鋳造された鐘は富士川を遡り、鰍沢河岸から西郡筋を経て、大公寺まで運ばれました。

 明治30年の火災により音色の乱れが若干あるものの、由緒も古く狭北地域の梵鐘の代表作といえます。
 大公寺にはこの他に市指定文化財「 木造金剛力士立像 」があります。

地図

大公寺の鐘

この記事に関するお問い合わせ先

教育課 文化財担当

〒407-8501
山梨県韮崎市水神一丁目3番1号
電話番号:0551-22-1111 (内線269・270・271)
メールでのお問い合わせはこちら