行餘館之碑

更新日:2020年03月31日

大きな石の上に石碑が置かれており、市川 米庵の筆跡による佐藤 一斎の文が記されている行餘館之碑の石碑の写真

行餘館之碑

高さ154センチメートル、幅120センチメートル、厚さ15センチメートルの石碑です。佐藤 一斎の文で市川 米庵の筆跡による記念碑で、現在、宮沢 重礼のご子息のもとに置かれています。

 文化・文政年間(1804~1829)に駒井村の名主の役を担っていた宮沢 重礼は、穴山村の神主生山正方の塾で学び、その後昌平校で修学しました。
 卒業後、実家にもどり郷学「行餘館」を創設して農村の子弟の教育に取り組みました。

 昌平校の恩師であった佐藤 一斎は名書家の市川 米庵の筆による館記を重礼に与えました。

この記事に関するお問い合わせ先

教育課 文化財担当

〒407-8501
山梨県韮崎市水神一丁目3番1号
電話番号:0551-22-1111 (内線269・270・271)
メールでのお問い合わせはこちら