綾棒躍り

更新日:2020年03月31日

青い法被を着て、頭には豆絞りを巻いた子供たちが、通りで列を作って、手に紅白の綾棒を持って綾棒躍りを踊っている様子の写真

綾棒踊り

 旭町甘利地区に伝えられている無形民俗文化財です。
 機織りに使用する綾棒の両端に紅白とりどりの房を結びつけてたものを、両手に1本ずつ操る踊りです。基本の型は歌舞伎の「白木屋お駒才三」の節を口説きの形式で数え歌にしたものです。
 甘利山共有財産地の入会をめぐって、西郡筋の村々と山論による争いが絶えることがないことが昔ありました。その際の争いの一部始終を20番の数え歌にして、甘利側の正義を主張し士気を鼓舞したものです。
 争いごとが終息して以降は、盆踊りとして踊られるようになりました。
 北九州の竹棒踊や新潟県の綾子舞などと共に数少ない棒踊りの一つです。
 現在、甘利小学校で伝承されています。

地図

綾棒躍り

この記事に関するお問い合わせ先

教育課 文化財担当

〒407-8501
山梨県韮崎市水神一丁目3番1号
電話番号:0551-22-1111 (内線269・270・271)
メールでのお問い合わせはこちら