市章・市の木・市の花・市の鳥

更新日:2020年03月31日

市章

円の上に割り菱が描かれてある市章

 中央の割り菱は、本市にゆかりのある武田菱の紋章を配し、郷土の歴史的意味を表しています。
 「韮」は非ずという否定的化を排し、カタカナ文字で「ラ」を二つ抱き合わせて円満な和合を表し、「韮」を意味します。両側のハネは飛躍を表し、「崎」を意味します。
(昭和30年9月21日制定)

市の鳥

 チョウゲンボウ
( 平成元年4月制定 )

頭がグレーで羽は全体的に茶色で斑点があり長い尾をしたチョウゲンボウが枝の先端に止まっている写真

(C) 撮影者:相澤 弘 氏

市の花

 レンゲツツジ
(平成21 年10月制定 )

緑の葉に赤色の花を咲かせているレンゲツツジの写真

市の木

 さくら
( 平成21年10月制定 )

枝いっぱいに咲いている桜の花の写真

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策課 政策推進担当

〒407-8501
山梨県韮崎市水神一丁目3番1号
電話番号:0551-22-1111 (内線355・356・357)
メールでのお問い合わせはこちら